雑菌の繁殖を抑える事が必要です

擦っても落ちなくなるほど強固です

私達は食事をした後、必ず歯磨きをします。歯磨きをすることで、歯に付着した様々な食べかす、汚れを落とすだけでなく、虫歯の原因菌が繁殖しない環境にすることを目的としていますが、同じことを台所のシンクや洗面台、お風呂の浴槽にしているでしょうか?水で洗い流すだけでなく、定期的にスポンジなどで汚れを落としているでしょうか?

もちろん、大抵の人がちゃんとお掃除をされていると思います。ですが、それだけでは不十分だということもあるのです。

浴槽やシンクの表面に付着した汚れを栄養源に、雑菌はどんどん繁殖していきます。繁殖した雑菌は、いつしか塊となって強固に結びつき、簡単には落ちないようになるのですが、これを「バイオフィルム」といいます。

バイオフィルムは薬剤への耐性も高く、擦っても簡単には落ちないものとなります。

 

付着させないことが重要

そもそも、付着した汚れや雑菌が簡単に落とせれば、バイオフィルムを形成するまもなくこすり落とすことが可能です。

水周りコーティングを施すと、汚れが付着しにくくなり、それを栄養にする雑菌類も繁殖が難しくなります。

また、フッ素が含まれているコーティングを行えば、抗菌作用により雑菌類の繁殖を抑え、更に徹底した汚れの付着防止、雑菌繁殖防止効果が期待できます。

金の繁殖が抑えられるということは、それだけ衛生的にも良い状態になるので、特に夏場の食中毒予防にも効果があるのでオススメです。

 

 

Comments are closed.