鏡の水垢を落としましょう

お風呂を綺麗にしましょう
水回り設備は毎日使うものですので、毎度綺麗にしてはいても、見逃した汚れが次第に蓄積していってしまうものです。特に、汚れが残っていて不快に思うのが「お風呂」。お風呂では裸になっていますので、汚れが直接体に触れる可能性もあり、汚れていると安心して使うことが出来ません。気持よくお風呂に入るためにお風呂を綺麗にしましょう。

「くもり」を取り除きましょう
皆さんも「綺麗にしたいけど綺麗にならない」と半ば諦めているのが「鏡のくもり」ではないでしょうか。鏡のくもりは洗剤でちょっと擦ったくらいでは、全然落ちないことは経験でよくご存知ですよね。この鏡のくもりの正体は「水垢」。では水垢はどんなものかというと、水道水に含まれている「カルシウム」や「マグネシウム」などの金属イオンが、蒸発の際に鏡の表面に残り、硬化してしまったものなのです。

お風呂をコーティングしましょう
では水垢を綺麗に取り除くにはどうしたらよいでしょうか。
方法1)研磨剤で磨く
水垢は金属イオンが表面に付着しているものですから、研磨剤を使って削り取ることで綺麗にすることが出来ます。但し、水垢が付着していない部分も磨いてしまうと、鏡の表面を傷つけてかえって見難くする可能性もありますので、注意して磨く必要があります。
方法2)洗剤で洗う
お風呂用洗剤は、アルカリ性或いは中世のものが多いですが、これらでは金属イオンを除去することは出来ません。金属には「酸性洗剤」が有効です。酸性洗剤が売ってない場合は、身近なものとして「お酢」を使ってみるといいでしょう。

これで水垢は除去出来るはずです。水垢が無くなって綺麗にすることが出来たら、次は早めに「コーティング」をしましょう。コーティングはお風呂に施す汚れ防止のワックスのようなもの。汚れの付着を防いでいつまでも綺麗な状態をキープしてくれます。

Comments are closed.