鏡の「くもり」について

鏡のくもりは「水垢」
皆さんも一度は感じたことがあるのではないでしょうか。それはお風呂や洗面所の鏡のくもり。時々洗ったり綺麗にしているつもりが、段々くもりが取れなくなって、どんどん範囲が広がってきて・・・「なぜ?」と思いつつも「でもどうしようもない」と、諦めている人も多いのではないでしょうか。このくもり、実は「水垢」が原因です。お風呂や洗面所では当然水道水を使用しますが、この水道水の中には「カルシウム」や「マグネシウム」などの金属イオンが含まれています。この金属イオンが蒸発した時に残り、鏡面にがっちり硬化したものが「水垢」なのです。

「水垢」の取り方
水垢の正体は、カルシウムやマグネシウムなどの金属だとわかりました。ではどのようにしたら綺麗に取ることができるのでしょうか。方法は大きく2つあります。1つ目は研磨剤で磨くこと。水垢は鏡の表面にこびり付いているものですから、研磨剤を使って削りとることで綺麗にすることができます。ただし、水垢が付いていない部分も同時に磨いてしまうので、鏡の表面を傷つけてしまう可能性があり、要注意です。2つ目は洗剤を使って洗い流すことです。洗剤というと中性やアルカリ性のものが多いのですが、これらでは水垢の正体である金属を除去できません。金属には「酸性」の洗剤を使用しましょう。酸性洗剤によって金属が溶けます。身近にあって安全な酸性洗剤と言えば「お酢」です。

「水垢」を付ける前に
このように、水垢がついてしまっても、綺麗にする方法はいくつかあるようです。しかしお風呂や洗面所などの水回りは、毎日のように利用するもの。またすぐに水垢がつくことが想像できます。これを繰り返さないためには「コーティング」という方法があります。綺麗にした状態で、その上から保護膜を形成してあげるのです。このコーティングをすることによって、鏡などの表面に水垢が付き難くなる他、防カビの効果もあるようです。水回りのコーティングを一度検討してみてはどうでしょうか。

Comments are closed.