コーティングをした後の使い方

強くこすらない
水回りコーティングを行うことで、浴槽の表面やキッチンシンクの表面にはごく薄い膜が形成されています。これらは汚れに対してとても強いのですが、物理的な力、特に固いものでこすられたり、削りとるような動作には弱いものです。
つまり、布でできた雑巾や、柔らかいスポンジは大丈夫でも、研磨剤入りの洗剤や金属たわし、メラミンスポンジなどでこすると、せっかくのコーティング面を荒らしてしまい、効果がなくなってしまうのです。

中性洗剤以外は使わない
家庭用の洗剤としてよく使用されるのは、食器洗いにも使われている中性洗剤がありますが、これ以外にも、トイレで使う酸性洗剤があります。酸性洗剤は、研磨剤入りの洗剤同様に、こびりついたミネラル分が主体の汚れを溶かしてしまう効果があるのですが、こういったものはコーティング剤もはがしてしまうので、使用しないようにしましょう。

日々のお手入れ方法は?
水回りコーティングをされた場所は、本来汚れが付きにくいわけですから、スポンジや中性洗剤などを使って優しくこすることで汚れを落とすことができます。長期間汚れが付きっぱなしになるのは、すぐに取れるとはいえ見た目が悪いので、早めに取り去っておくのがおすすめです。
また、スポンジでも、ざらざらとした固い研磨剤入りの面がついているものは、必ず柔らかい面でこするように気を付けましょう。でないと、金属たわし同様に表面を荒らす危険性があります。

Comments are closed.