コーティングは必要か?

コーティングは必要
キッチンやお風呂、トイレなど水回りというと水垢やカビが発生しやすい場所です。毎日水を使う場所であるため、定期的に掃除をしないと、すぐに水垢や汚れが発生してしまいます。特にピンクのヌメリやカビなどは一度発生してからだと、落とすのにとても時間や労力をかけることになります。しかも、見た目にはきれいに落とせていても、菌が残っていて完全に落としきれていないという可能性もあり、そういった場合には、またすぐに発生してしまいます。水回りをコーティングすることは最初から汚れや水垢、カビなどを防止することになり、そういった苦労や悩みを解決してくれます。

・防汚コーティング
防汚コーティングとは、フッ素樹脂の皮膜を形成するコーティングのことです。特に水回りのように水垢や汚れのつきやすい場所に有効的です。シンクや蛇口など素材の凹凸や隙間に汚れが侵入しやすいものをコーティングすることで見えにくいところや掃除しにくい凸凹に汚れがつくのを防げます。また撥水効果持っているため、油汚れなども簡単に落とすことができます。お風呂場のタイルなどにも効果的です。

・防カビコーティング
水回りのコーティングだけでなく、家の中のいろいろなカビの生えやすい場所にコーティングすることで、きれいな状態からカビが生えてしまうのを防ぐ効果があります。コーティングによって作られた防菌皮膜が付着したカビの胞子の成長を阻害してくれます。排水口や浴室のタイル、洗面ボールの裏側まで、見えないところまでしっかりコーティングすることで、多くの菌の発生や成長を防ぐことにつながるのです。

Comments are closed.