コーティングで汚れが付きにくくなるワケ

水周りコーティングを行うと、汚れが付きにくくなるという事をよく聞くと思いますが、何故コーティングしただけでそんな効果があるのでしょう。
それには、コーティング剤に使用されている物質、フッ素が大きく関係しています。

まずはフッ素について。

フッ素コーティングには様々な特性があります。フッ素は単体だと猛毒で、反応性が高いガス状のものですが、フッ素を含む樹脂は安定していて、フライパンや歯磨き粉など、人の口にする物が入る場所、もしくは人の口の中にも入るものでも使われています。
フッ素樹脂でコーティングすると、フッ素樹脂は水や油をよく弾き、更にフッ素自体の抗菌作用で細菌類の繁殖を防ぎます。
これにより、浴室やキッチン、トイレなどにフッ素コーティングをすると汚れが付きにくく、付いた汚れも簡単に剥がすことが出来ます。

フッ素は猛毒というイメージからかけ離れていますが、他のものと化合したフッ素はこのように、コーティング剤として高い性能を発揮しますので、多くの場所で使われています。
フッ素コーティングをしていけば、面倒な水回りの清掃も簡単に終わるので、まずは気軽に利用してみることをお勧めします。
綺麗にコーティングを行うにはそれなりに技術も必要ですので、専門業者に依頼してコーティングを行ってもらうとよいでしょう。
一度コーティングをすれば、長期間、掃除の必要もありませんし、塗り直しも数年に一度で大丈夫です。

Comments are closed.